6 トラックに乗る時は

■点検・点呼による万全の運行管理

 トラックを運転する際、まず行うのが車両の「点検」です。タイヤやランプ等の状態チェックは欠かせません。次に「点呼」で、その日の健康状や、どういったルートで荷物を運ぶのかなどを確認します。運行後も、運行管理者が「点呼」で運行中の乗務内容を把握し、指導・教育などのフォローを行います。

戻る    次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加