仕事紹介 トラックドライバーの1日の仕事の流れ

トラックドライバーが日頃行っている「基本的な仕事の流れ」について説明します。
 乗務前には、車両点検や運行前点呼をし、準備ができたら出発です。
 トラックに乗車して荷物を運び、配送・集荷先では荷物の積み降ろしをします。
 運行を終えて会社に戻ったら伝票や日報を整理し、帰庫時点呼を行って業務終了です。

 それでは、近・中距離ドライバーや長距離ドライバーは、主にどのようなスケジュールでこれらの仕事を行っているのでしょうか。会社によって運行形態は異なりますが、あるドライバーの1日の仕事の流れを見てみましょう。

 ■宅配ドライバー
 所属する事業所の集荷エリア内にある個人宅や会社へ出向いて、小包などの集荷や配送を行います。

 ■近中距離ドライバー
 県内や近県へ向けての輸送が中心。主に、日帰りでの運送を行います。

 ■長距離ドライバー
 九州から首都圏間、関西から東北間などの長距離を運行します。1泊以上のスケジュールで運行するケースも。

戻る    次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加