【重要】36協定の届け出について(様式等が変更されています。)

 働き方改革の流れの中で、時間外労働の上限規制についても順次適用されており、令和2年4月1日から時間外労働720時間/年が中小企業にも適用されることとなります。
 これに伴い36協定に係る様式も変更となりますのでご注意頂くと共に、以下を参考にしていただきながら、適切な対応をお願い致します。

○「時間外労働の分かりやすい解説」(PDF 厚生労働省)

○【様式、記載例等】東京労働局のホームページからダウンロードできます。

・様式第9号  : 一般則( 時間外労働 月45時間、年360時間以内)
・様式第9号の2: 特別条項 ( 時間外労働 年720時間以内 ) ※運転者を除く
・様式第9号の4: 運転者(適用猶予業務)  ★運転者は2024(令和6)年から960時間適用


★様式第9号の4 記載例はこちらから

 

このエントリーをはてなブックマークに追加