安全装置等導入促進助成

 事業用トラックの交通事故防止を図るため、危険予測に効果があると思われる全ト協で定める基準に適合した安全装置を車両に装着する会員事業者に対して助成します。

1.対象装置

(1)後方視野確認支援装置 (対象機器一覧)

★モニターと後方カメラを同時に導入した場合に限り助成します。

・後退時の後方視野が確認出来る事。 
・運行時(前進も含む)において後方視野が確保出来ること。 
・概ねルームミラーの位置において後方視野が確保出来ること。


(2)側方視野確認支援装置  (対象機器一覧)

★モニターと左側方カメラを同時に導入した場合、または、後方視野確認支援装置を導入済みの車両に、左側方カメラを単体で後付け装着した場合に限り助成します。。

・車両総重量7.5t以上の事業用トラックの左側に側方カメラを装着していること。 
・運行時において左側方視野が確保出来ること。


(3)呼気吹き込み式インターロック (対象機器)

2.助成額及び上限

機関名
助成額(上限)
後方視野確認支援装置(モニター&カメラ) 40,000円/台
側方視野確認支援装置(モニター&カメラ) 40,000円/台
側方視野確認支援装置(カメラのみ) 20,000円/台
吹き込み式アルコールインターロック 40,000円/台

★1事業者5台までとなります。

※取付費用及び消費税は対象外。

3.提出書類   ※様式 ( PDF / Word、Excel )

・助成金交付申請書(様式1)
・内訳書兼装着証明書(様式2)
・誓約書(様式3)
・装着車両の車検証(写)
・請求書(写) ※メーカー、型式、購入価格が記載されたもの。
・領収書(又はリース契約書)(写) 
・側方視野確認支援装置は左側方カメラを装着したことが確認できる写真


4.申請期間  4月1日~翌年2月20日(必着)

※但し、上記期間内であっても、予算に達した場合は受付を終了いたします。
 予算の執行状況をHP上で掲載してまいりますのでご確認下さい。



5.財産処分の制限

 装着後3年間は、譲渡、交換、廃棄、多用途への転用、貸付け等を行わないこと。

このエントリーをはてなブックマークに追加