衝突被害軽減ブレーキ(全ト協制度)

 交通事故防止を図るため、危険予測に効果があると思われる、全ト協で定める基準に適合した衝突被害軽減ブレーキ装置を車両総重量3.5t以上8t未満の事業用トラックに装着する事業者(中小企業者※)に対して助成します。

※中小企業者とは、中小企業庁の解釈により、以下のいずれかとなります。
・資本金の額または出資の総額が3億円以下の会社
・常時使用する従業員の数が300人以下の会社及び個人

1.助成額 等

 購入価額の1/2(千円未満切捨て)、50,000円/台を上限とする。
  ※購入価額に消費税は含めない。
  
 ○1事業者3台までとする。

  ※国の補助金との併用は妨げない。

2.対象装置   ※対象装置一覧

 国の事故防止対策支援推進事業(先進安全自動車:ASVの導入に対する支援)の対象装置と同一とする。

 

3.提出書類   ※様式 ( PDF / Word、Excel )

・助成金交付申請書 (様式1)
・内訳書兼装着証明書(様式2)
・誓約書(様式3)
・装着車両の車検証(写) 
・請求書(写) ※メーカー、型式、購入単価が記載されたもの。
 ※リースの場合は見積書(写)でも可。
・領収書(写)又は金融機関の出納印が押印されている振込受付書等(写)
 ※リース契約書(写)、割賦販売契約書(写) 等
・事業報告書(本社分)の直近事業年度分の資本金、従業員の記載があるページ


4.申請期間  4月1日~翌年2月20日(必着)

※但し、上記期間内であっても、予算に達した場合は受付を終了いたします。予算の執行状況をHP上で掲載してまいりますのでご確認下さい。


5.財産処分の制限

 装着後4年間は、譲渡、交換、廃棄、多用途への転用、貸付け又は担保を行わないこと。

このエントリーをはてなブックマークに追加