「初任運転者特別教育講習」(7月~9月)の開催について

標記の件につきまして、7月~9月に開催しますのでお知らせ致します。

詳細につきましては、開催案内をご覧ください。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため当面の間定員40名(協会受付順)とし、定員に達した場合は岩ト協ホームページでお知らせします。

初任運転者特別教育講習の実施について(第2四半期)

2020年5月27日

不正改造車排除運動の実施について

標記の件につきまして、国土交通省を中心とした「不正改造車を排除する運動」が展開されることとなっており、岩手県は6月に「不正改造車排除強化月間」として、重点をおいた運動を行うこととなりました。

つきましては、別紙全日本トラック協会の実施要領に記載の不正改造が無いか、各事業者は自主点検を実施するようお願いいたします。

詳細は、案内文書をご覧ください。

不正改造車排除運動について

2020年5月27日

令和2年度(第45回)岩手県トラックドライバーコンテスト開催中止について(お知らせ)

毎年恒例の標記コンテストにつきまして、本年度は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から開催を中止といたしました。

標記コンテストの参加をご希望されておりました会員事業者並びにドライバーの皆様には、誠に申し訳ございませんがご理解賜りますようお願い申し上げます。

今後とも当コンテストへの御支援、御協力を宜しくお願い申し上げます。

 

令和2年度岩手県トラックドライバーコンテスト開催中止のご案内

2020年5月27日

令和2年度 通常総会を開催しました。

去る令和2年5月22日(金)、総合研修会館(矢巾町)の大研修室において、令和2年度(通算第8回)の通常総会を開催致しました。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、協会役員を除く会員各社様に対しましては、委任状による議決権行使をお願いしておりましたところ、537通の委任状をお預かりすることができました。皆様のご協力に対し心より感謝申し上げます。会員各社様のご理解とご協力により、3つの提出議案全てが、異議なく承認されましたので取り急ぎご報告させていただきます。

○ 会員646名 出席者32名 委任状537通 議決権総数569個

※通常決議に必要な過半数323個、特別決議に必要な議決権総数の3/4である485個も満たしております。

○ 提出議案

議案第1号 令和元年度 事業経過報告並びに決算の承認について

議案第2号 定款の一部改正について(理事会決議の省略)

議案第3号 欠員理事の補充選任について

また、併せて「陸上貨物運送事業労働災害防止協会岩手県支部」「岩手県トラック政治連盟」「岩手県トラック政策研究会」の総会も併せて開催し、提出議案を全てご承認いただいております。

 

2020年5月25日

<国交省>事業用自動車の運転者に対する飲酒運転の防止等法令遵守の徹底について(再要請)

今般、国土交通省自動車局安全政策課長より「事業用自動車の運転者に対する飲酒運転の防止等法令遵守の徹底について」再要請がありました。

【国交省】事業用自動車の運転者に対する飲酒運転防止等の法令遵守の徹底について(再要請)

つきましては、岩ト協会員事業者の皆様には引き続き下記事項の取り組みをさらに徹底し、飲酒運転根絶に向けた更なる取り組み強化をお願いいたします。

1.全ト協が作成した「飲酒運転防止対策マニュアル」を活用し、運転者等に対する指導を徹底する。

2.運転者等に対するアルコール検知器の携行、酒気帯びの有無の測定方法及び測定結果の確実な報告等について運転者等に対して指導を徹底する。

3.事業用トラックが関係した飲酒運転事故事例等を活用し、運転者等の飲酒運転根絶意識の向上を図る。

【岩ト協】飲酒運転防止等法令遵守の徹底について

なお、「飲酒運転防止対策マニュアル(2020年改訂版)」や全国の飲酒運転による事業用自動車事故の推移、全国で今年発生した飲酒事故による事業用自動車の重大事故(速報)等を以下に掲載いたしますので、会議・教育資料等にご活用ください。

2020飲酒運転防止対策マニュアル

飲酒運転による事業用自動車事故の推移

R2飲酒事故による事業用自動車の重大事故(速報)

2020年5月20日

令和2年度安全性評価事業(Gマーク)申請受付け等について

 

Gマーク申請事業所各位

岩手県貨物自動車運送適正化事業実施機関

 

平素は当実施機関の事業運営にご協力賜り厚く御礼申し上げます。

さて、今年度のGマーク申請に係る申請受付け等について、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から下記のとおりとなっていますので、申請事業所におかれましては、ご対応戴きますよう宜しくお願いいたします。

 

 

1.申請受付けについて

郵送による受付けとなりますので、信書郵送又は信書用宅配便等で申請書類を送付願います。

7月1日~14日必着

※持ち込みによる受付けは行いません。

 

【送付方法例】

・一般書留郵便

・簡易書留郵便

・レターパックプラス(※レターパックライト不可)

・信書用宅配便(総務省の特定信書便許可事業者)

 

2.申請書類の事前確認依頼について

担当者による持ち込みの場合に限り6月30日まで対応いたします(土日を除く)ので、来協可能な日程について事前連絡をお願いいたします。

また、来協する際にはマスクの着用並びに手指消毒にご協力願います。

7月の申請受付期間及び郵送による事前確認は行いません。

なお、事前連絡がなく来協された場合については、対応できない場合がありますのでご了承ください。

 

3.書類作成等に係るご質問について

質問等は適正化実施機関までお問い合せください。

TEL:019-637-2171  FAX:019-638-5010

E-mail: webmaster@iwatokyo.or.jp

 

4.Gマーク申請説明について

全日本トラック協会HPに説明動画が掲載されていますのでご参照願います。

全ト協Youtube説明動画(https://youtu.be/yk_Duzj1KEU)

 

5.新型コロナウィルス感染拡大防止に係る特例措置について

「安全性に対する取組の積極性」の一部に特例措置が設けられます。

2020年3月~6月中に実施予定で感染防止のため実施できなかった4項目については自認書で提出することができます。詳細は全日本トラック協会HPにてご確認ください。

特例措置について(http://www.jta.or.jp/gmark/gmark_shinsei2020/tokurei_gaiyo.pdf)

 

6.WEB申請書作成システムについて

4月24日から申請可能となっておりますので、更新事業者はID及びパスワードの記載された更新の案内はがきを参照のうえ、申請書作成システムから申請手続きを行ってください。(更新の案内はがきは4月20日に郵送開始されています)

新規申請事業者はWEB申請において必要となる事業者番号をお知らせいたしますので、適正化実施機関までお問い合せください。

申請書作成システム(https://gmark.jta.or.jp/gmark/)

 

7.手書き申請書について

複写式申請用紙を希望する事業所は適正化実施機関までご連絡ください。

※複写式申請書による申請の場合は、申請前に郵便局にて1,000円(税込)振込みとなります。(WEB申請書作成システムの場合は無料)

 

以上

 

R2年度Gマーク申請受付けについて

 

2020年5月15日

令和2年度日常点検講習会の開催中止について(お知らせ)

この度新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が延長され、国内ではまん延防止や安全確保の観点から講習会等中止または延期という対応が図られており、こうした状況を踏まえ受講者の健康を配慮し例年6月に開催しておりました標記講習会を今年度中止とさせていただきます。

ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解の程何卒宜しくお願い申し上げます。

なお、「日常点検項目と点検のポイント」や「タイヤ交換時のポイント」、また「雪道走行の心得と対策ポイント」に関しては(公社)全日本トラック協会にてDVDを作成しており、昨年度会員事業者様へ配布をしております。ドライバー教育に是非ご活用下さい。

全ト協ホームページ「日常点検及び雪道対策のDVDを制作しました」

2020年5月11日

令和2年度「初任運転者特別教育」講習(6月)の開催中止について(お知らせ)

標記の件につきまして、6月17日(水)に開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、受講者の健康を配慮する観点から中止とさせていただきます。ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解の程宜しくお願い致します。詳細につきましては、添付ファイルをご覧ください。

初任運転者特別教育講習の中止について(6月)

初任教育用資料(岩ト協HP)

2020年5月11日

<国交省>一般貨物自動車運送事業に係る標準的な運賃の告示について

4月24日(金)に国土交通省より貨物自動車運送事業法改正に伴う「一般貨物自動車運送事業に係る標準的な運賃」につきまして告示がされました。

「標準的な運賃」の告示は、荷主に対する交渉力が弱いことや、令和6年度から年間960時間の時間外労働の限度時間が設定されること等を踏まえ、ドライバーの労働条件を改善し、トラック運送事業者が法令を遵守して持続的に事業を行っていくための参考となる運賃を示すことが効果的であるとの趣旨により設けられたものです。

つきましては、下記に国土交通省より発出されたプレスリリース等関連資料を掲載いたしますのでご参照願います。

(国交省)一般貨物自動車運送事業に係る標準的な運賃について

↑ <5/14追記>上記文書につきまして修正の通知がありましたので、差し替えをお願いいたします。

・修正箇所 燃料サーチャージについて(差替え)

報道発表資料

【別紙概要資料】標準的な運賃について

※上記関連資料は国土交通省ホームページにも掲載されております。

※標準的な運賃の告示及び通達に関する解説やパンフレット等は、現在全ト協で作成を検討中でございます。全ト協よりお知らせがあり次第、改めてご案内いたします。

※標準的な運賃については、全ト協機関紙「広報とらっく」(5月1日号)にも記事が掲載されております。

2020年5月7日