各制度様式 MENU
様式(PDF)
様式(Word/Excel)
近代化基金融資様式

平成29年度 各種助成制度のご案内


 去る、平成29年3月17日開催の理事会におきまして、平成29年度の事業計画及び予算が承認され正式に機関決定となった事を受け、平成29年度の助成事業について、以下の通りお知らせいたします。
 予算編成に当たっては、これまでの利用実績等も考慮しつつ資金の配分を行っておりますが、なにぶん資金には限りがありますので、事業の進捗状況如何によっては、
年度途中であっても予算に達した時点でそれぞれ受付終了となります。従いまして、29年度につきましても、予算の執行状況等について随時お知らせして参りますので、ご参考にしていただくと共に、早め早めのご検討、ご活用にご協力をお願いいたします。
 岩手県内に複数の営業所がある事業者は、本社または主管となる営業所で取り纏めて申請をお願いいたします。

■新規加入会員の皆様へ (助成制度の利用制限について)
 新規加入会員の皆様につきましては、入会後6ヶ月間、助成制度の利用制限期間を設けております。
 利用制限期間内の「導入」「受講」「受診」等については、助成対象とはいたしませんのでご注意下さい。
 ※但し、アルコール検知器(ハンディモバイルタイプ)の購入に対する助成は、入会直後から利用可能です。

■助成制度の申込み締切期日について
 各助成制度の申込みには締切期日がございます。締切以降3月31日までの間に購入・取付け・各種受診等のあったものについては、翌年度の助成対象外となり、申請ができなくなりますのでご注意下さい。

■助成上限に係る「登録車両台数」について
 各助成制度の上限数は、本会が毎年度作成する「会員名簿」記載の車両台数を基準に設定しており、原則として年間を通じ変更することはありません。従って、ページ内記載の「登録車両台数」は『本会に登録されている年度当初の車両数』であり、運輸支局等への届出車両数とは異なりますので予めご了承下さい。

■交付決定の取り消しと助成金の返還について
 各種助成制度、その他岩ト協が定める事項に違反したとき、又は、虚偽その他不正な手段により助成金の交付を受けたときは、助成金の交付決定の取り消し又は助成金の返還を求める場合があります。
 助成金の交付決定の取り消し又は助成金の返還を求められた事業者については、岩ト協が行う助成事業に係る申請について、原則として当分の間、これを受付又は交付決定を行わないものといたしますのでご注意下さい。

【交通安全対策】
 ・運転記録証明書(無事故・無違反証明書)交付手数料助成
 ・適性診断受診料助成   
 ・ドライブレコーダー等導入促進助成
 ・アルコール検知器購入助成
 ・安全装置等導入促進助成(後方視野、側方視野、アルコールインターロック) 
  ・衝突被害軽減ブレーキ導入促進助成
 ・ETC2.0車載器購入促進助成
 ・ドライバー等安全教育訓練
 ・運行管理者等基礎講習受講料助成
 ・健康診断受診料助成
 ・可動式リア・バンパー導入促進助成
 
 ■運行管理者一般講習
 ■整備管理者講習
  ※会員所属の管理者が受講する場合、テキストを無償で配布いたします。(貨物の開催年度に限る)

【環境問題対策】
 環境対応車導入促進助成
 ・EMS機器 導入促進助成 
  ※アナログタコグラフ助成制度はH28年度をもって終了いたしました。
 ・アイドリングストップ支援機器導入助成
 ・グリーン経営認証制度促進助成

【経営改善対策・労働対策】
 ・近代化基金融資 
 ・中小企業大学校講座受講促進助成制度
 ・準中型・中型・大型運転免許資格取得助成
 ・フォークリフト技能講習助成
 ・労働災害防止管理者等研修受講助成
 ・SASスクリーニング検査助成

  ※一部制度は要件を満たすことにより非会員事業者の方も利用頂ける場合があります。

Copyright(C) 2008 Iwate Trucking Association All Rights Reserved.
Template design by Nikukyu-Punch